総務大臣所管 日本予防医学行政審議会より予防医学代替医療として、認定されました。

肝臓ガン(1)

神奈川県 川崎本院 療法カルテ
以下は、患者様ご自身のご記入なされたカルテの内容です。


肝臓ガン(1)

本人直筆カルテの画像
川崎市/高津区 男性 48歳
病の原因から現在までの病歴
平成 9年 6月人間ドックにて肝臓に腫瘍があるらしいとのことで、精密検査の為入院。検査の結果、肝臓内に腫瘍1個が確認され、又肝硬変の疑いもあるとのこと。
10月末に退院し、月2回の免疫注射を実施。1月中旬にエコー検査を実施した結果、新たな腫瘍があるらしいとのこと。腎臓結石もある。


現在の症状、治したいところ
 肝臓腫瘍、腎臓結石。

療法実態
◆平成10年 2月 16日
第1回 2月 16日  視床下部 肝臓  60分s
今日は特に感じたことはなし。
第2回 2月 17日  視床下部 肝臓  60分s
今日は施術中眠気があり、心地の良い気分となった。
(水が流れるような音が肝臓で鳴った)
第3回 2月 18日  視床下部 肝臓  60分s
昨日に続き心地よい眠気。肝臓のあたりから音がした。
CTスキャンの結果、新しい腫瘍1個(15ミリ)が確認された。
第4回 2月 19日  視床下部 肝臓  60分s
昨夜、PM8:00位から 40分位、肝臓よりグングン音がした。
今日は最初1回音がした後、特に変化なし。
−3回目くらいから体に現れた変化−
・肝臓あたりの痛みがとれた感じ
・気力が出てきた
・体温が0.3〜0.5度下がった
・体が軽くなってきた
・肝臓からくる足の痛み、重さがとれてきた
第12回 3月 1日  自律神経 肝臓  60分s
昨日夕方〜12時位まで肝臓患部に痛みがあった。
又PM10:00〜12:00位まで肝臓が大きな音をたてて鳴り続けた。
第13回 3月 3日  自律神経 肝臓  60分s
療法を続けている内に腎臓も活性化され、昨日、腎結石1個流れ出た。
第21回 3月 31日  自律神経 肝臓  60分s
昨日昼食後、肝臓が大きな音を立ててギュウギュウ鳴った。
本日右背中でギュウと音がした。又胃のあたりからも音がしたが、肝臓からは音はなし。
第23回 4月 5日  自律神経 肝臓  40分s
※ 4/8、CTスキャンの結果、15ミリの腫瘍が写っていなかった。
但し、エコーでは14ミリの反応があった。
尚、6月初旬エコー検査の予定があるので、その時のエコー反応で再確認したい。
※ 6月の検査でも異状なかった。

院主からのひとこと
3回目で肝臓からくる足の痛み・重さがとれたと記入されている。
当院では早速、本人に「自分は誰も受けた事のない外氣功療法を受けているのだから、絶対肝臓ガンに勝てるのだ!!」という事を脳内の自律神経にインプットさせ、自己治癒力を与え続けた。
これによって源の自然治癒力が倍増された。14回目ごろは自己治癒力が増して、夜中でも肝臓が働き音を立てている。又、腎臓も活性化して腎臓結石が1個流れ出てきたと記入されている。 23回目の平成 10年 4月の CT検査では肝臓腫瘍が消えていた。
川崎本院 千葉 久之

自筆資料は院内に保管してあります。
戻る


このページのトップへ