総務大臣所管 日本予防医学行政審議会より予防医学代替医療として、認定されました。

うつ病(3)

神奈川県 川崎本院 療法カルテ
以下は、患者様ご自身のご記入なされたカルテの内容です。


うつ病(3)

神奈川県/小田原市 男性 24歳
病の原因から現在までの病歴
二年前に、友達と笑って、話をしているのに、何故か、殺してやる という考えが浮かんできて、それ以来、誰とでも同じく思うようになりました。
治したく病院に行きましたら、うつ病、離人症、強迫精神症と言われ、薬を飲み続けてるが治りません。
めまい、不眠、無気力、自殺した方が楽です。

療法実態
◆平成13年 6月 26日
第1回 6月 26日  自律神経  30分s
こちらに来る前に、波動ビデオを購入して、波動ビデオを受けたら、熟睡できて、心が甦りました。療法を受けて、深く落ちつき 眠くなりました。
第2回 6月 27日  自律神経  60分s
首や、脳が、軽くなり、心が落ち着く事が出来ました。
楽しいことが、イメージ出来るようになりました。
不眠、無気力が、気にならなくなった。

これから、アメリカに遊びに行きます、アメリカにも友人がおりますので大丈夫です。
7月 3日に帰ってきますので 又、療法を御願いします。

【院 主 より】
7月 7日、7月 3日に帰ってる彼から、療法の電話が無いので、
こちらから、電話をした所「ビデオがあるから大丈夫」と返事を頂きました。「悪くなったら伺います」との事でした、ホッとした。

院主からのひとこと
平成13年 6月 24日、自宅で早朝、4:30分 トイレに起きた時 電話が鳴りました。親族に不幸でもと思い、受話器を取りました。
彼は、私の教え子の外氣功師より、紹介され 療法して欲しいとの事でした。この時は、当院は満員状態でしたので、教え子の方に行くように勧めましたが、症状を聞いて気になりましたので、当院のHPの波動ビデオを開いてみるように勧めました。
30分後、電話があり、至急波動ビデオを送って欲しい注文でした。 私も、症状を聞いてから、気になり、時間外の療法をしました。 母親も同伴してくれたので、一緒に指導でき良かったと思いました。
このような、病いになった時、誰でも日本では、病院だけを頼りにしてます。 病院の医師と、薬を頼りに、治そう、治さなければ、と励みます。 でも、治らないので、焦るのです、益々悪くなるのです。 そして、犯罪者になってしまう人もあるのではないですか。 なぜか・・・それは貴方がそのような状態になった原因を、教えてもらえないからです。
・・・私はここに至る原因を教えます。原因が判った彼は、納得して、自分でも治せるのです。親も反省できます。
彼は、自己主張も、はっきり出来、敬語も使い、好青年です。他にも原因が判り、自力で治った方が数名おります。

これが、私の学んだ、仏教医学、外氣功の先駆者、円満院門跡三浦道明大僧正の教えです。人間の左脳、右脳は、因縁によって造られています、この因縁因果が、現れてくるのです。そうして人生の、運命を良くも悪くも変えてしまうのです。
これは、西洋医学では勉強しません。 これからは、西洋医学と外氣功を併用して行く時代が来るでしょう。アメリカ、イギリスでは始まってます。
< 平成 12年 2月号週間ポストより >
川崎本院 千葉 久之

自筆資料は院内に保管してあります。
戻る


このページのトップへ