総務大臣所管 日本予防医学行政審議会より予防医学代替医療として、認定されました。

うつ病(2)

神奈川県 川崎本院 療法カルテ
以下は、患者様ご自身のご記入なされたカルテの内容です。


うつ病(2)

横浜市/青葉区 女性 28歳
病の原因から現在までの病歴
平成 11年 3月…生活の中で物事に不安感が増して病院へ行き、
     診てもらい、処方された薬を飲みつづけたが治らず。
9月・・・うつ病と診断され、薬をもらい、会社を1ヶ月ほど休み、自宅
    療法をしました。ひとまず落ち着く。
10月より出社。
11月末・・・再び会社を休み、薬は現在まで飲みつづけている。
1月より出社。


現在の症状、治したいところ
 気力がない、だるい、ねむい、頭痛、胃痛

療法実態
◆平成12年 3月 27日
第1回 3月 27日  自律神経  30分s
うつ伏せ・・・後頭部が温かくなり、両足がしびれる感じがしました。
     しだいに呼吸が深くなっていきました。
仰向け・・・後頭部が温かくなりました。胃の不快感が消えていく感じがしました。
     療法後、すっきりとして、落ち着きました。少しぼんやりしています。
第2回 3月 29日  自律神経  30分s
後頭部の痛かったところに、痛みがはしり、その後スーっと楽になり痛みがとれた。頭の中心部が痛くなり、締め付けられました。
そして、しばらくすると、頭のてっぺんから何かが抜けていき、頭が温かくなりました。胃の痛みもいつのまにか消えていました。
第3回 3月 30日  自律神経  30分s
昨日はお昼の薬を抜きましたが、異常がなかった。今日は、朝の薬を抜いてきました。昨日は頭痛も胃痛もなく過ごせました。
今日治療中、すぐに後頭部が温まり、常に後頭部も温かく何かが出ているような感じでした。目がぐるぐるまわる感じ。体中が波打つ感じでした。
第4回 3月 31日  自律神経  30分s
胃痛、頭痛がとれ、だるさ、気力も回復し、会社の人にも足取りが軽やか、笑い声にはりがあると言われる。薬も1日1回だけで、早く全部取りたいと思うようになりました。
今日はすぐに後頭部が温かくなりました。
上へ引っ張られる感じがしたり、ベッドへ押し付けられる感じもして、意識がなくなりそうになった。 常に体がしびれていた。 のどの痛み、鼻のつまりがなくなった。
昨日の会社の帰りにはウィンドウショッピングに行きたくなり、楽しい時間が過ごせました。何かしたいという思いが強くなっています。
昨晩はビデオ(心身の癒し)を見て、眠りました。熟睡できました。
< 平成 12年 3月 31日 完治 >

自筆資料は院内に保管してあります。
戻る


このページのトップへ