総務大臣所管 日本予防医学行政審議会より予防医学代替医療として、認定されました。

閉じこもり(1)

神奈川県 川崎本院 療法カルテ
以下は、患者様ご自身のご記入なされたカルテの内容です。


閉じこもり(1)

埼玉県/比企郡 女性 28歳
病の原因から現在までの病歴
数年前、受験のことで、ショックを受けて、閉じこもりなる、一年程閉じこもりが続いたが、留学を目指して 専門学校に通い始めたが、電車の中で、他人に悪口を言われていると感じ、又ショックを受ける。
病院の精神科で安定剤をもらい服用、その後は、飲んだり止めたり、繰り返してます。
留学後 就職するが、不安感が続いてる・・・・・・

療法実態
◆平成15年 2月 10日
第1回 2月 10日
とても気持ちよかったです、肘の下、膝の下をグイグイ押されているような氣がしました。宙に浮いているような感じがしました。
雑念や過去が思い浮かぶと、一瞬で消えていきました。今、頭の中に何もないです。
第2回 2月 12日
昨日、療法終わって外に出ると、五感が敏感になってる事が良くわかりました。
途中で小雨が降ってきたのですが、今までなら氣が付かなかったと思います。
頭の中に、空気入れで空気をパンパンに入れた感じです。
過去も雑念もありません。
第3回 2月 13日
頭がスッキリしました。1回目と同じで、両肘の下をグイグイ押されてる感じがしました。やっと、自分に戻って、これから先のこと、やらなければいけない事、やりたい事が、頭に、浮かびました。有難う御座います。
< 平成 15年 2月 13日 完治 >

院主からのひとこと
外氣功療法は、この様に、乱れていた人生を、一瞬に変えてしまう時も有ります。これは、目に見えない自律神経をコントロール出来るからです。でも、安定剤を飲みすぎてる方は大変です。
なるべく早く氣が付いて、お出でになる事をお待ちしております。
川崎本院 千葉 久之

自筆資料は院内に保管してあります。
戻る


このページのトップへ