総務大臣所管 日本予防医学行政審議会より予防医学代替医療として、認定されました。

恐怖症(1)

神奈川県 川崎本院 療法カルテ
以下は、患者様ご自身のご記入なされたカルテの内容です。


恐怖症(1)

横浜市/神奈川区 主婦 42歳
病の原因から現在までの病歴
電車も怖くて乗れません。1ヶ月前より、やる気がなくなり、人と接するのが、嫌になり、家で寝ている事が、多くなり、いやな事が、頭に浮かんできて、疲れて、つかれて、良く寝ました。

療法実態
◆平成11年 11月 5日
第1回 11月 5日  自律神経  30分s
最初、怖くて、しかたがありませんでした、途中から、涙が出てきて、落ち着きました。 眠いのですが、寝るのが、こわかった。
第2回 11月 6日  自律神経  60分s
手のひら、汗びっしよりで、来ましたが、療法している間に、とても気持ちが良くなり、無意識に、なりました。何もしたくない、今、寝たいです。
第3回 11月 9日  自律神経  60分s
2日休みましたが、人との、会話が出来るように、なりました。
苦手な家事の仕事も 勝手に、身体が動き、とても心地よいのです。
第4回 11月 13日  自律神経  60分s
このごろ、悲しいことが、続きましたが、療法をしているうちに、頭の中から、だんだんうすれて、いくような感じになり、楽になります、有難う御座います。
第5回 11月 19日  自律神経  30分s
今日、主人が忙しくて、これないので、思いきって、電車に乗って見ました。
ドアーがしまってても、怖くなく、風景が見えて、とても楽しかった。電車を、おりても、駅員さんに、溝の口駅の、行き方を聞く事が出来ました。かえりも大丈夫です。
第6回 12月 4日   自律神経  30分s
今日も電車に、のってきました。久しぶりに、きましたが、この間の生活は普通どうり、できました。今日も、受けたあとは、身体も軽く、頭もすっきりしています。治りました。
< 平成 11年 12月 4日  完治 >

院主からのひとこと
この方は、病いに、なっても、医者にいかず、安定剤等飲んでおりませんので、2回目で、無意識 デルター波に入れたので、大変、正気を取り戻すのが、早かったのです。

その後、再発はありません。
川崎本院 千葉 久之

自筆資料は院内に保管してあります。
戻る


このページのトップへ