総務大臣所管 日本予防医学行政審議会より予防医学代替医療として、認定されました。

奇病(2)〔お腹に空気が溜まる〕

神奈川県 川崎本院 療法カルテ
以下は、患者様ご自身のご記入なされたカルテの内容です。


奇病(2)

横浜市/青葉区 女性 20歳
病の原因から現在までの病歴
4年前から、ゲップを出す、癖がつき始め、そのうち、お腹に空気が、溜まっている感じ、お腹が張って、不快。その時 病院に行って、検査の結果、ストレス、空気を 食べ物と 一諸に飲み込んでいる。と言われた。薬をもらって、少し飲んだが やめた。
病名なし、病院では、レントゲン、胃カメラを飲んだが原因不明。


現在の症状、治したいところ
 ゲップ、お腹が張る、これによるイライラ、集中力がない、お腹を引っ込めたい。

療法実態
◆平成 9年 4月 12日
第1回 4月 12日  自律神経 腹部  30分s
うつ伏せの時は、身体が温かくなった。
仰向けの時は、お腹がくるくる、動いている感じがした。
又 身体に寒気を感じた。
第2回 4月 28日  自律神経 腹部  30分s
うつ伏せの時は、お腹のあたり、キュル、キュルとなる感じがした。
仰向けになり、だんだん 呼吸が、調ってきた。
最後の方では、又 寒気をかんじた。
第3回 4月 29日  自律神経 腹部  30分s
昨日は、ゲップが出そうになったら、呼吸を整える 努力をした。
すると、あまり 胃が張らなくなった。

仰向けになった時、寒気を感じ、眠くなった。
第4回 5月 1日  自律神経 腹部  30分s
今日も、お腹が 回っている感じがした。頭がボーとした、眠くなる感じ。
お腹が張らなくなった。最近調子がいい。
第5回 5月 3日  自律神経 腹部  30分s
お腹が張らず、ゲップも出なくなって、良かったです。治りました。
< 平成 9年 5月 3日 完治 > < 平成 12年 6月 25日迄 再発なし >

自筆資料は院内に保管してあります。
戻る


このページのトップへ