総務大臣所管 日本予防医学行政審議会より予防医学代替医療として、認定されました。

自律神経(2)

神奈川県 川崎本院 療法カルテ
以下は、患者様ご自身のご記入なされたカルテの内容です。


自律神経(2)

本人直筆カルテの画像
横浜市/青葉区 女性 40歳
病の原因から現在までの病歴
高校時代に心配事が重なり不眠症になり、現在に至る。
病院で自律神経失調症と診断され、精神安定剤を服用するが現在まで治らず。
精神安定剤はときどき飲んだり、やめたりしながら続けている。


現在の症状、治したいところ
  寝つきが悪い、日中だるい、めまい、胃もたれ、やる気がない、イライラ。

療法実態
◆平成11年 7月 15日
第1回 7月 15日  自律神経  20分w
うつ伏せになり顔がふくれる感じがし、あごが脱力したようになった。
仰向けになると頭頂部まで熱くなったり、手の指がビリビリし、足・腕の筋肉が脱力してきました。 終わった後で頭の中がスッキリしました。
第2回 7月 16日  自律神経  20分w
指先が自然に開いた。腕のあたりがすっきりしたような気がします。仰向けになると後頭部がビリビリとしびれるような感じがありました。昨晩は横になってすぐ眠りに入れました
5〜10分寝ただけでも 2〜3時間寝たようにぐっすり眠れました。
第3回 7月 19日  自律神経  20分w
2日あきましたが、やはり寝つきが良くなっていました。
頭頂部が熱くなり足先がビリビリしました。 だるさ、めまいもかなり取れてきました。 家事も手順などがスムーズに考えられるようになり、片付くようになりました。
< 平成 11年 7月 19日 完治 >


自筆資料は院内に保管してあります。
戻る


このページのトップへ