総務大臣所管 日本予防医学行政審議会より予防医学代替医療として、認定されました。

自律神経(1)

神奈川県 川崎本院 療法カルテ
以下は、患者様ご自身のご記入なされたカルテの内容です。


自律神経(1)

東京都/町田市 主婦 47歳
病の原因から現在までの病歴
3年以上前から、風邪をひき、咳が1ヶ月止らず、痰が切れなく喉に、引っかかる感じ、今も続く、痔の手術も、麻酔が効かず、完全に出来なかった。頭痛、耳鳴り、吐き気、ムカムカ、イライラ、手、足の脱力感、舌のもつれ、皮膚の乾燥、不眠、集中力なし、皮膚の弾力なし、皮膚の黒ずみ、胸の動悸、胸のつっかえ、病院でも原因が判らず、
薬を頂き 飲んでも余計に、アレルギ―体質になり、飲み物、食べ物、アレルギー ぽくなって、冷え、寒気を、模様してしまいます。



現在の症状、治したいところ
  上記の症状を改善したい。

療法実態
◆平成 7年 11月 9日
第1回 11月 9日  自立神経  60分s
身体がほぐれて、左側が悪かったのが、リラックスして、温かい感じ、こわばり、が少し取れてきた。後頭部の、痛みが取れてきた感じ、脇の下の痛みが楽になった。
肩、腕、足、が軽くなった感じ。
第2回 11月 10日  自立神経  60分s
昨日は、お陰様で 薬無しで 良く眠れました。今日は、右肩足がリラックスした感じ。
気を受けながら、少し眠気を感じました。
右手がしっかりしていなかったのが、良くなった。
第3回 11月 13日  自立神経  60分s
身体が、軽くなった、良く眠れるようになった。
頭痛が感じなくなった。吐き気、ムカムカがなくなった、イライラしなくなった、手足が もつれていたのが、しっかりしてきた、集中力がついてきた、冷えもなくなった。
第4回 11月 14日  自立神経  60分s
手が、ジンジンしてきた、すごく眠くなった、薬で、舌が、ピリピリしていたのが、療法中なくなった。鼻が詰まっていたのが、通ってスッキリした。どうやら、治ってきたみたいです。
第5回 11月 22日  自立神経  60分s
あんなに苦しかったのが、嘘みたいに治りました、どうも有り難う。
< 平成 7年 11月 22日 完治 >

院主からのひとこと
何度も申し上げますが、自律神経の乱れは、重病のように、感じますが、外氣功療法では、簡単に癒してみせます。そして、なかなか、再発しないのです。私も、不思議に思ってます。
生命力が、身に付いてしまうのかな、自律神経は、脳から出される、波動です、目に見えないものです。ですから、西洋医学では、癒せないのです。
あまり、薬を飲まないうちに、おいでください。
川崎本院 千葉 久之

自筆資料は院内に保管してあります。
戻る


このページのトップへ